切手売る

切手売る方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切手集めが趣味の人も増えはしても減ることなく、昔から家にあった切手が、買い取りしてもらうと驚くほど高価なプレミアがつくということもあります。

 

同じ切手に高値をつける業者も、そうでない業者もいます。

 

 

ということは手間を惜しまず高値で切手を売ろうと考える方、あちこちの業者の査定を受けられるようにして、買取価格の最高値を調べるのが正解です。「切手を買取に出そう」という時、より買取のレートが高くなるのは、1枚ずつよりもシートの場合です。けれども、例えば、枚数は多いがバラばかりだという場合、少しでもレートを上げるためにできることがあります。

 

その方法は簡単で、ただ台紙に貼ってしまうだけでいいのです。
同じ切手50枚、そしてA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)さえあれば出来る方法です。切手をそれに縦5行、横10列で貼りさえすればいいのです。

 

レートを上げるにはこういったことが必要で、この場合は10%ほど高くなることもあるくらいですので、覚えていればいつか役立つでしょう。

 

 

破れてしまったお札を銀行で換えてもらえるというのは有名ですが、では切手が破れてしまったら?郵便局の場合は切手が破れても交換などの対応は行っておりません。

 

そうなると、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、あんまりひどい場合は無理でしょうが、ちょっと破れたぐらいで、額面がしっかりと確認できる程度の破損の切手であれば、ちゃんと使えることが多いです。ただ、その切手を買い取ってもらうということは出来ないかもしれません。
切手は紙でできていますから思ったよりも破れたり劣化したりしやすいものです。殊に温度や湿度に弱いので、高く買い取ってもらうためにも気をつけて保管しなければなりません。ストックリーフとかストックブックをうまく使って日光の当たらないところで保管しましょう。
湿気が多い場所もやめてくださいね。
今、中国の切手の買取の需要が高いって知っていましたか?何故かというと、切手の人気が中国の中で高まっているということが背景にあるようです。

 

とは言うものの、査定額が高くなる可能性が高いものというと、一部の切手のみで、文化大革命時代の切手などです。そして、切手を買い取ると謳っている業者であっても、外国切手は受け付けていないというところもあるので、事前に確認しておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイセル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイセルは着物や切手・ブランド品など使わなくなったお品物をご自宅まで無料で出張・査定・買取するサービス

 

 

 

 

 

日本全国無料で出張査定※一部宅配査定

 

 

 

 

 

 

自宅で直接査定買取・外に出ずとも気軽に買取査定ができる

 

 

 

 

 

 

金額に納得ならその場で現金渡し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイセル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.speed-kaitori.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福ちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【切手をどこよりも高く買取る自信があります。】がキャッチコピーの福ちゃん

 

 

 

 

 

シート・バラ・記念切手・中国切手・外国切手・プレミア切手など、どこよりも高く買取る自信あり

 

 

 

 

 

 

利便性に合わせて3つの選べる買取方法

 

 

 

 

 

1.店頭買取 2.出張買取 3.宅配買取

 

 

 

 

 

 

 

 

福ちゃん  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://fuku-chan.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラバイヤー

 

 

 

 

 

 

ウルトラバイヤーおすすめポイント

 

 

 

 

 

最短30分で現金化できる驚きの買取スピード

 

 

 

 

宅配も出張も、かかる費用はすべて無料

 

 

 

 

査定に納得いただけなかった場合はもちろんキャンセルOK

 

 

 

 

 

アジア各国に店舗展開・バイヤーと提携しており、国内よりも値がつきやすいため、お客様への買取査定額が高額

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラバイヤー 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://plus.ultra-b.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余った年賀はがきや、書き損じの葉書を郵便局で交換するときは、葉書でなく切手に交換するのがミソです。

 

 

金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするため切手がシートになるよう、枚数を調節して葉書を持ち込んでください。

 

 

 

同じ切手でも、業?によって買取価格は結構差がありますから、がんばって何軒かの業者に見積をしてもらい、一番高い買取価格を提示したお店で買い取ってもらうことを心がけましょう。

 

 

手元の切手を買い取ってもらいたいとき切手買取専門のお店も数多くありますが、いわゆる金券ショップでも買い取ってもらえるのをご存知でしょうか。チェーン店からもと質屋まで、金券ショップは店舗数が多く他のものと一緒に切手を買い取ってくれるところも多いので利用したこともあるのではないでしょうか。相場はあるようでないようなもの、変動が激しく、また業者によって買取価格は異なるので、手間を惜しまず、多くの店舗の査定額を比べて決定した方が絶対得です。

 

集めた切手の量が膨大な場合には、自分でお店に持っていくよりも、いわゆる「出張買取」という方法を使うことが、効率的な方法です。近頃は、切手買取専門という業者もでき、買取の際に出張してきてくれるという業者も多くなってきています。出張買取の長所といえば、店頭まで行く手間が省けるという点と、たっぷり時間をかけた査定が受けられるということです。
一般的に、切手は郵便に使うもので、消印が押されて役割を果たすと要らなくなるでしょう。

 

ですが、そういった古い切手でも、デザイン性や希少価値の高さによっては、高額買取が実現することもあります。

 

もしも手元にある古切手の価値がどうなのかは不明ならば、査定を古切手の買取を行っている業者に頼んでみましょう。

 

 

 

切手の中でも、付加価値があるものは、手元に置くより現金化したいとしたら現状が良いか悪いかで切手の最終的な価値を決められます。このことを考えると、現状のまま売れる限りの高値で手持ちの切手を売ろうと考えているなら切手がいい状態で保管されているか、業者目線で気配りを欠かさないでください。切手を業者に買い取ってもらう場合に、いわゆる切手シートとして纏まっていないとだめだろうと予想している方も多いですがバラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。
しかし、大体切手シートと比較して買取価格が安くなります。仮に、汚れのある時、または糊が落ちている時にはいっそう買取の価格から引かれてしまうことがあります。長期間にわたって、切手収集を続けている人にとって、業者に売りに出すのは、自分の子との離別のような気分になってしまう可能性もあります。どちらにしろ手放してしまうのであれば、なるべく高額買取が出来る業者を見つけるのがいいと思います。 手離す切手にとってもその方が、ありがたいだろうと思うからです。良い状態で保管されていたような、過去の記念切手だったりすると、考えられない値段が買取の際につくことがあるようです。

 

 

そんな貴重な切手の時には、第一に鑑定をしてもらえる鑑定買取がいいでしょう。

 

店舗のみならず、インターネットでもできて、買取価格を知った上で、売るかどうか決定できると思います。

 

 

 

国内でどう使っていいかわからない海外切手ですが、海外の独特なデザインにより、一部では人気があったりすることも多く、思いのほかコレクションしている人が多数いる切手ではあります。

 

なので、数ある業者のうち買取を実施しているところもたくさんあるのですが、希少価値が高くないものだったり、ただ集められただけの不揃いなコレクションは受け入れられないことも多いです。
切手を高く買い取ってもらいたければ、きれいな状態で汚れていない方が高く買い取られることになります。そういう理由で、保存状態に注意して、取扱いの際は切手をピンセットでつかむなど取扱いは丁寧に、保存状態は良好に保ちましょう。日常的に保存の状態に気を配り汚れが付いたりしないようにすることが必要です。
「使い終わった切手に値段なんてつかない」と思っている方も多いと思いますが、本当はそうではないかもしれなせん。

 

 

中でも古くていい状態で保管されていたものでマニアにはたまらない一枚であったりするともし使ってしまった切手だったとしても、買取してもらえる可能性もあります。

 

 

もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、試しに切手買取業者に相談してみてください。

 

父にとって、生涯の楽しみだった切手帳が残っているのですが、どうやって手放せば一番いいのでしょうね。シートでまとまっているものも、そうでないものもあるのでコレクション全体を買い取っていただけるとこちらとしては助かります。

 

どの切手もきれいな状態を保っていますので父が好きだった切手を、欲しいと思う方に渡せるようにしたいです。今さらのように、こんなきれいな切手を集めていたのかと思います。

 

意外に、切手集めを趣味にしている人がずいぶんいます。保存のいいものは買取時に驚くほど高価な金額で買い取ってもらえることもあります。
どんな買取でもそうですが、価格は業者によって変わるのでできる限り高い買取価格で切手を売る方法としては多くの買取業者から査定してもらい自分の納得できる値段をつけてくれる業者を探すべきです。額面以上の値がつく切手は多く、収集家の間では高値で買われるものです。
切手買取の専門店は至るところにあって乱立しているのが現状で少し考えてみただけでも市場のスケールが大きいことを知って驚くことでしょう。

 

 

 

近年では、インターネットが普及してきて、ネットを介して売買することも増え、切手売買の市場はまだまだ大きくなる可能性があります。
要らなくなった切手で、使っていないものがあれば買取専門の業者に買い取ってもらうという方法があります。

 

どこの業者に頼むかによって買い取ってもらえる値段に違いが出てきますのでできるだけ高価格で売りたければ、まず先に、幾ら位の値がつくのか鑑定してもらい、値段を比べるのがいいと思います。
それだけではなく、時期に合わせて相場も変わっていくため、ホームページに買取表が掲載してあるところもありますので見てみるといいと思います。
多くの枚数を集めるということが多い切手の場合には、それらすべてを一回で実際に業者に直接行って店頭で買取してもらうとなると、査定のため時間がかかるのでかなりの時間待たなくてはならなくなることもあり得ます。それに比べて、ウェブ上で切手の査定をしてもらうことは、家から出ることなくいつでも手続きすることが出来るため、大変便利な方法です。グリーティング切手というものは、キャラクターがプリントしてあったり、装飾が施されているような切手です。

 

形についても普通の切手とは違っていていろいろなものがあります。

 

 

 

通常の郵便物もこれがあれば華やかになるという効果もありますし、コレクターの人にとっても価値を感じるものですから人気ですので、高い値段での買取というものもあり得ます。
年賀はがきでお年玉くじの番号を調べると、だいたい毎年切手が当たるので気がつくと意外に貯まっていました。私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、切手を使う用件はないので、切手を使うことはないと気づきました。金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。

 

サインと身分証明書の提示は必要でしたが、郵便局ではがきに換えるよりはいいお金になったのでラッキーと思いました。

 

 

多くの切手買取業者ではプレミア切手と呼称される切手も買取されています。
プレミア切手というのは、明治と大正、昭和戦前戦後の時代の切手のことを指しており、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。とてもレアなものなので纏まった状態でなく一枚ずつになっていても買取価格が高くなる事も十分あり得ます。

 

うちに使わない切手がたまってきました。買取に持ち込んだら、価格はいくらになるのかと考えてしまいました。

 

 

シート単位でとってあるので、意外な価値があるかもしれず、額面以上の値がつけばさて、何を買おうかと思って最近の悩みの種です。
使わない額面の切手でも、必要とするところがあるかもしれないし、調べるのは難しいですよね。さっさと全部売りたいのです。

 

切手を買い取ってもらおうとするとき注意すべき点は悪徳業者の餌食にならないようにするということです。
悪徳な業者の場合、こちらがよく知らないということを利用し、通常よりもものすごく安価での買取を持ちかけてきます。
完全に見分けるということは困難ですが、あらかじめ心構えとして評判がどうなのか調べておくと、悪い業者に引っかかりにくくなると思います。ご存知と思いますが、切手はあらかじめ、ふつう、郵便物に使う形に一つずつ切り分けてあるということはありません。元は何枚かの切手がまとまった状態の切手シートの形でプリントされます。

 

 

 

切手買取においては切手シートとなっていても買取はしてもらえて纏まっていない切手で売るより高値での買取になりやすいです。
梅雨時は特に心配なのはカビです。
幸いにも今年の被害は少なくて、掃除も終われるなと思っていたら、生前の父がこまめに集めていた様々なシートや記念切手、バラなど、いろいろな種類の切手のアルバム数冊が出てきました。見た目では傷みはありませんが、この状態でうちで保管し続けたとしても質の低下が心配です。

 

 

 

近いうちに買取業者に持って行ってもいいタイミングが来たのでしょうか。大体の切手の買取においては、売る予定の切手を買取業者に持ち込む店頭での買い取りが一般的でしたが昨今は、買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。たくさんの切手を売りたいという時に、店に持っていくだけでも大変です。それ以外にも、店から離れたところにお住まいの方は要する時間であったり交通費であったりを省くためにも出張や宅配での買取を頼んだ方がいいでしょう。何か記念日があると記念品として販売されるなど、扱われる時期がいつなのかによって切手は出回っている切手の量も大変な幅で上下します。そうなることによってかなり買取価格も変化しますので可能な限り高値での買取を目指すなら、どの時点で切手を買い取ってもらうかも大事なポイントです。
あなたが切手を売ろうとするとき、直接ショップに出向いていけば、即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。

 

 

 

郵送と比較すると手っ取り早く、さらに、現金化がすぐに可能なので、お急ぎの際にはとても役立ちます。

 

 

査定をその場でやってもらえることも安心に繋がります。

 

 

 

即日買い取ってもらう場合は本人の確認が出来る書類が必須ですから、運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートなどを忘れずに持っていきましょう。

 

 

 

「物を買い取ってもらおう」という時に注意すべき事柄は、保存の状態というものが問われます。これは切手買取に関しても言えることで色の褪せや、破れが見つかれば安く買い取られてしまいますよね。

 

珍しい切手であった場合には、「欲しい」というマニアも多く存在するかもしれないですよ。

 

 

 

仮に興味がなかった場合だとぞんざいに扱ってしまいやすいですが、気を付けて取り扱いましょう。

 

 

 

あなたが切手を業者に売ろうとするとき、バラよりもシートの状態の方が高値が付きます。ですが、もしも「バラしか持ってないよ」という場合でも、高値で売る技があるのです。

 

 

なんだと思いますか?それは、台紙に貼りつける、という方法です!同じ額面の切手が50枚あればできる方法です。

 

 

それらをA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)に縦5行、横10列で貼付します。それだけです。

 

 

たったこれだけのことで、レートが10%アップすることもありますので覚えていればいつか役立つでしょう。

 

切手を売るつもりで買取業者に評価してもらったにもかかわらず、買い取ってもらう価格が思ったような金額ではなかったときや、思い出のある切手だった時、結局、家で保管したいと思うようになることもないとは言い切れません。査定してもらった後にキャンセルしたとしても、キャンセル料を取らないような業者も存在しています。

 

買取を申し込みたい時は、依頼前に、査定費用は掛かるのか、査定額を出してもらった後で取り消すときにお金を取られるか、といったことを分かっておくべきです。

 

切手を買い取ってもらおうと考えた際に、切手買取の業者に直接手渡すというやり方以外にも「宅配買取」してもらう方法もあります。その時、送料を負担してくれる場合や、買取業者の中には梱包材まで準備してくれるところも多いです。ただ、買取してもらう切手が数枚しかないような場合、あてはまらないこともありますから、事前の確認が必要です。